ナツユのお絵かき!ブログ

ほぼ毎日絵の練習を載せるブログ、目標は底辺卒業

創作っ子への挑戦・ラスボスに愛着付いちゃうの巻

どうも、なんちゅです。

久しぶりに創作キャラクター(オリキャラ)を描いていたら

過去設定をつけたら面白いんじゃないかと思い設定、

2つのオリキャラ世界のラスボスも作り…

そして自分はある事に気づいてしまった。

 

敵の方に愛着湧いちゃった

 

そもそもなんちゅは過去のある敵キャラが好きである。

暗い過去のあるキャラやちゃんと生きていこうという敵キャラが大好きである。

自分が好きになった漫画のキャラはほぼ人間がしっかりしている。

というわけでオリキャララスボスにもそんな設定を作った。

 

一人は自分が好きな花の物語を借り、

もう一人は自分の好きな単語から連想し設定を作った。

 

そしたら愛着湧いちゃった。

いろんなキャラにひとつは欠点をつけるんだけど

欠点が理想のラスボスのものを付けてしまい

愛着超湧いちゃった。

 

キャラの過去は考えこまれているほど好きだ。

だからいっぱい盛り込んだ結果敵に愛着湧いちゃったんだ。

別にいいことだと思っているけど

その結果頭のなかで動き出すのがラスボスばっかになって

主人公そっちのけ。

主人公に挑戦的な欠点つけちゃったのがいけない。

がんばれうちの主人公。

ラスボスに負けるな。いつか頭のなかで魅力的に動いてくれるさ。

とりあえず…主人公、がんばれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ ラスボスの設定で気に入っちゃったところ

 

(絵は雑すぎて載せられるものがありません、近日公開?)

一人目が現代世界にファンタジー入っちゃった世界のラスボス

フォーゲット・ミーナット。

(完全に自分のカタカナ語ミスだけどもう慣れた)

自分が忘れな草が好きなので命名。

忘れな草の物語をアレンジした過去持ち。

しかしあまりにも厨二全開の格好と妖精設定が

なぜか自分の中で気に入る。

 

二人目が異世界漂流ものに挑戦した世界のラスボス

羽後(ばご)。

羽後は当て字。自分の生まれ星座から名前を取る

(乙女座→ヴァーゴ→ばーご→ばご→羽後)。

 

たまたまこの世界の主人公の名前が

冥 古斗(めい ふると)と宇宙関係なので

記憶喪失で本当は太陽神という設定付け。

何でそんな設定を付けたのかはしらないが

エセ田舎弁使いという設定を付けて自分にたいそう気に入られる。

「おら羽後ってんだぁ、昔のことは覚えてねぇだ」という感じ。

しかし…この子が気に入りすぎて古斗が活躍していなう…

 

(ちなみに古斗の名前について

冥 古斗→めい(おうせい)ふると→フルト→プルート)