なんちゅのお絵かき!ブログ

ほぼ毎日絵の練習を載せるブログ、目標は底辺卒業

11/2 アニメ研究/あと13日…

ニコニコ動画とかで第一話だけ無料公開とかありますよね。

あれを一時停止・スクショしつつ模写していました。

アニメ塗りをするならアニメに習え!アニメ風の線画を目指すなら完成されたアニメ線画を模写しろ!の精神で。

 

さすがに模写・トレス・スクショを晒す訳にはいかないですよ!?

 

私はアニメ塗り・アニメ風が目指している路線の一つなので、アニメのスクショから学べるものを吸収しなくてはならない。

とりあえず私は興味あるものじゃないとやる気がでないので「刀剣乱舞 花丸」というアニメの模写・研究をすることにした。

 

 

「刀剣乱舞 花丸」は、かなりグロー効果を使っていて全体的に画面がぼやけつつ明るいと見た。

キャラクターデザインの線画もかなり記号化されていて、この記号(髪型や目など)を描けばこのキャラになる、というものが多かった。

 

スクショをスポイトして確認したが、彩度は少し低めだ。…まあ、アニメって基本彩度は低いよね。

上からの光(最近のアニメによくあるやつ)は控えめだ。青紫でスクリーンしてるのが多め?

その代わり下からの青系のオーバーレイグラデーションは強いかな。

…こういう研究は文字に起こすと疲れてしまう…。頭の中のことを文字にするのは苦手だ…。

 

 

まあ今私が知りたいのは加工とか色とかじゃなくって「アニメの線画の描き方」なのである。

なのでPCを立ち上げ(模写はアナログ派だがトレペ持ってないのでPC)、「線」をトレースした。

 

そしたら予想以上にびっくり。

 

あっさり塩味

だが立体的であり、「色もない最低限の線なのに誰か分かる記号」が使われている

あと意外となめらかなラインだった、ここにびっくり(影で惑わされてただけで、ラインが凄い綺麗だった トレスでがたがたになった線でも分かるほどきれいな弧を描いてる)

 

アニメの線ってデッサンしっかりやった無駄とブレのない美しい線なんだね…。顔の中のトレスで、かなりバランス良く配置してたのも見つけた。

 

 

う~ん、まだアニメの線画の描き方がわからない。

だが「必要最低限なのに立体的で、誰か分かる」のを学べたのは大きかった。

塗りがアニメ塗り得意としてるから、しばらく刀剣乱舞のスクショを眺めながら加工していくのだろう。

う~ん頭のなかでパッと情報が文字になるタイプだから、こうやって書き出すのは苦手だ…

 

 

あと13日…

ちなみに何が「あと13日」なのかは、この二次創作で描いているキャラクターが誰かでバレそう。

f:id:poke-monn:20161102152324j:plain

とりあえずトレス、模写で得た知識を使って線画の下書き。

 

f:id:poke-monn:20161102152424j:plain

下書きをアニメ風になるよう整えました。

 

f:id:poke-monn:20161102152522j:plain

線画。左の人物はオールバックポニテだからちょっと地味になってしまった…。

逆に右の少年はかなり書き込みが多いから、捨てる情報を選ぶのに大変だった。

 

f:id:poke-monn:20161102153437j:plainんで、やっぱ色塗るとごまかせるよね。色凄い。

今回は手を抜いてカラーチャートを使いました…いや実はいつもカラーチャート使ってるんですよ

 

ここで影をつけるため資料を見て発見したこと。

 

アニメって凄い影が少ない

 

意外と必要最低限の影しかなかったのです!!

これにはびっくり。アニメって影が細かいと思ったら、影はかなり少なくて大雑把なのです…。

 

 

f:id:poke-monn:20161102153647j:plain

というわけで最低限に影を付けてみた。(右)

すっごいアニメだよ!!!動いてる(スクショ)よ!!!

これだけ少ない影のほうがアニメっぽいという発見だよ…。

ほらすっごいアニメっp(あまりの興奮で同じことを繰り返しています)

 

f:id:poke-monn:20161102153910j:plain

この調子で影つけ完了。情報量の多い右の少年のほうがしっかりしたアニメ塗りになってるような。特に口の布うまくできてるでしょ…ね…(ここまでうまく影付けれたことがないので興奮している)

 

f:id:poke-monn:20161102154103j:plain

加工の時間。ぶっちゃけ加工凄い楽しい。一気にアニメ感出るから…。

だいたい「上からスクリーン」でそれっぽくなる。今回はパステル紫でスクリーン。

 

アニメ風加工は「グロー効果」「上からスクリーン」「青でオーバーレイ」でなんとかなる気がする。

 

f:id:poke-monn:20161102154255j:plain

それっぽく加工して完成。

 

今回はアニメ風にする研究だったので、元になった「刀剣乱舞」を見ていて気づいた加工や描き方を意識して描きました。

影は大雑把のほうがそれっぽいというのが最大の発見です。

 

 

 

長田さんがこのような記事を書いてました。

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp

「デジタルはごまかし」!これはアニメ塗りの加工にも言えますね(笑)アニメ塗りは加工ありきなので…。

いや、この話ではない。

 

アナログ絵描き→デジタル絵描きに出身した私ですが、私は「塗りで勝負する」タイプですね。

ですが今の私には「線画の技術」も必要。なので、線画をやるときに線画の練習もしています。

素敵な線画はもれなくトレースとか模写しているとか、なぜうまく見えるのか研究してるとか…。

 

この記事の最後に「塗りが一番好きなら塗りに力を注いだらいいのでは」と書かれてたので、塗りが超好きな私はしばらく線画を高めつつ塗りに力を注ぎたいと思っています。

塗りっていうか…最後に加工するのが一番好きなような…。

広告を非表示にする