読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゅのお絵かき!ブログ

ほぼ毎日絵の練習を載せるブログ、目標は底辺卒業

この記事が絵描きとしてあるあるだった。

きっかけは読者さんの読者さんの…という、記事に貼られたリンクからだった。

この「絵描きあるある」を詰めたような記事は。

 

kinakoneko.hatenablog.com

 

きなこ猫氏のこの記事は、絵描きとして「あるある」を詰めたような記事だった。

私の記事感想とか見るよりきなこ猫氏の記事読んだほうが面白いと思うんでとりあえず見てあげて(投げ捨て

この感想はきなこ猫氏のこの記事に添って感想を書いているので…

先に読んだほうが面白いよ…!

 

 

私も絵の才能という言葉で逃げていた

見出しの通り。私も、逃げてたんだよね。才能という言葉に。

一番才能に苦しんでいたのは、数年前になるかも?

私は絵が下手な頃から「評価されないのはあの人の才能があるからだ!」と思っていた。

 

絵がうまくなりたいという感情をズルズル引きずるという内容があって私も、と思った。

私はただだらけていたい…と、いうのも、サイクルがあって今はやる気なしサイクルだが

やる気有りサイクルのときは描きまくってしまうけどね(笑)

話がずれたが、私も絵よりゲームしたい動画みたいである。

 

 

途中で自信、砕けるよね

まあ私は今が一番自信砕けてるけどね

 

中高校の時代が一番自分の絵に自信があると思いますリアルタイム進行中でっす。

 

 

評価を知ればかっぱえびせん

つまり「やめられないとまらない」という意味だ。

 

一度評価されるとかっぱえびせんのごとく、もっと欲しいと思うようになってしまう。

ツイッターとかでよくコラされる麻薬悪循環のあれみたいに。

 

評価だけを追い、何を描いてるのかわからなくなる。

私の絵も実際少し「ウケ」を狙っている。このキャラクターは人気だろうな、と。

 

このブログのサブタイトルを見て欲しい、「目指せ底辺卒業」じゃないか?

そんなに本気絵生産してねえのに底辺卒業できるかッッ!!!

運良く100点超えたことあるけどあれは旬ジャンルのシリアスイラストだからだよ!!!

泣けてきた まあ100点超えのやつはまさか100点行くとは思ってもなかった絵だけど

 

 

話戻そう。話。

泣きたくなるほど絵を描く。私もである。といっても数年前のことだが。

なぜ同年代なのにうまくて評価されているのか!?など、すごい思っていた。

 

高校生になって、ようやく評価にとらわれなくなったね…

同人で言う「マイナー」にハマってから、私得のこの子のイラストがこの世に増えると思っただけで評価にとらわれなくなったよ

 

 

そうである、

 

私にしか表現できないこと

 

を目指し始めたのだ。

私は自分にしか表現できない世界を、手を抜かず作(って公表す)る事を「完成した作品」と呼んでいる。

私の脳内アニメを出力したい。そう思い絵を描いている。

この世にマイナーキャラクターの絵を一件増やしたいのもあるけど…。

 

 

きなこ猫氏の記事はあるあるである

 

言いづらいね、あるあるであるって。

 

絵描きとして一回通った道を書いた記事であった。

私も「絵描きとして通った道」を記事に書いてみようと思うが、たぶん高確率で力尽きる。

今の段階で超長々と書いたつもりで1200字である。

ピクシブ小説もやってるが3000字行けば超長文である。言葉のミニマリストかよ。

 

とにかく私が心打たれたので紹介をした。絵描き挫折談は私にかなり響くのだろうか…?

 

 

きなこ猫氏の他の「いいな」と思った記事を貼っておく。

kinakoneko.hatenablog.com

 

kinakoneko.hatenablog.com

 

 

今日の一枚絵。やはり版権

お絵描き大好き。

f:id:poke-monn:20161203145957j:plain

広告を非表示にする